Elementor一般『ベーシックギャラリー』ウィジェットの使い方

ウェブサイトを作っていて、画像を並べて表示したいときはありませんか?
そんな時は『ベーシックギャラリー』ウィジェットを使いましょう。
無料版で使える一般ウィジェットとなります。

サイト内に画像が綺麗に並べてあると、見栄えも良くなりますよね。
今回は『ベーシックギャラリー』ウィジェットの使い方を説明していきます。

この記事は『Elementorの使い方』のコースを元に作っています。
動画でみたい方は是非このコースをチェックしてみてください。
TOFUラボに参加することによって無料で見ることもできます。

コンテンツ設定

コンテンツタブの説明

ウィジェットを一般から挿入した直後はまだ画像が表示されていません。
コンテンツタブが開きますので、四角で囲んだところをクリックし、画像を選びます。

並べる画像を選ぶ

画像を選ぶ

ギャラリーに入れる画像を好きなだけ選びます。
画像をクリックしていくだけで、画像の右上のチェックマークがついてるものが選択されている状態になります。

新たに画像を追加したい時は、この画面にドラック&ドロップすれば簡単にアップロード可能です。
あらかじめ画像をダウンロードするなど、準備しておくとスムーズですね。

選択が終わったら右下の『ギャラリーを作成』をクリックしてください。

ギャラリーの編集

するとこのように選択された画像のみが並びます。
これでよければ、右下の『ギャラリーを挿入』をクリックしてください。

ギャラリーがキャンバスに表示される

右側のキャンバス内にギャラリーが挿入されました。
左側のコンテンツタブ内に選ばれた画像が並んでいます。

画像サイズ一覧から選択

画像サイズの選択肢

画像サイズを選びましょう。
選択肢は画像の通り。

150×150は画像が従来の大きさではなく、真四角にクロッピングされます。
試しに『Medium-300×300』を選ぶと以下のようになります。

mediumを選んだ場合

カラムで画像の列を決める

画像の列を決める

『カラム』の項目の数字は、画像を何列で表示させるかを表しています。
今回は『2』を選んでみました。

画像が2列

表示されている画像も縦2列に並び替えられます。
どのように表示させたいか考えて選びましょう。

リンク状態を3つから選ぶ

リンクの選択肢

画像のリンク状態を3つの選択肢から決めましょう。
画像がどういう状態にあるのかということです。

『なし』はクリックしても何も起こらないので詳しい説明は省きます。

メディアファイル

画像のリンク状態、メディアファイル

リンクを『メディアファイル』にすると、Lightboxの項目も選択できます。
デフォルトの状態をプレビュー表示で確認してみましょう。

丸で囲んだアイコンをクリックすると、プレビュー表示できます。

プレビュー表示

プレビュー表示させたら、画像をクリックしてみてください。

ポップアップ表示

するとLightboxと呼ばれるものが出てきて、画像をポップアップで表示します。

添付ファイルのページ

リンクの状態、添付ファイルのページ

リンク状態を『添付ファイルのページ』にすると、Lightboxの表示がなくなります。

ではどのような状態になっているか、丸でプレビュー表示させて確認していきます。

添付ファイルのページのプレビュー

プレビュー表示させたら、画像をクリックします。

画像の表示ページ

すると上のような画像のページが出てきます。
『こんなページを作った覚えはない』と感じるかもしれませんね。
画像をアップロードすると、ワードプレス内でこのようなページとして表示されるようになるのです。

ここで画像をクリックするとオリジナル画像ファイルを開くことが出来ます。

並び順は2択

並び順の選択肢

コンテンツタブ設定の最後は『並び順』です。
デフォルトかランダムか好きな方を選びましょう。

バグあり!コンテンツタブの注意点

Lightboxの説明

ここで少しリンクを『メディアファイル』にしたときに注意することがあるので説明します。
メディアファイルとは.jpgなど画像自体のファイルのことです。

『リンク状態はメディアファイルだけど、Lightboxは必要ないな』と思ったとき、本来であれば『Lightbox』の項目でいいえを選びます。

しかしここにバグがあり、いいえを選んでもLightboxの機能が残ってしまいます。
Lightboxのデフォルトはどこで設定してるのかなどは、また別に説明しますので、ここでは切り方だけ説明しておきます。

Lightboxを切る手順

1、左下の設定アイコンをクリック

手順1

2、左上の『三』アイコンをクリック

手順2

3、サイト設定を選ぶ

手順3

4、『設定』のLightboxを選ぶ

手順4

5、『画像Lightbox』をいいえにして更新

手順5

6、コンテンツタブに戻りLightboxを『いいえ』にする

手順6

これでLightboxのポップアップ表示がされなくなり、画像がブラウザで表示されるようになります。

本来はこの手順は必要ありませんが、ここだけバグがあるので注意してください。

スタイル設定

スタイルタブの説明

スタイルタブでは、『画像』と『キャプション』を編集できます。

『画像』の編集

画像の項目について

『画像』の項目では、間隔をカスタム、ボーダータイプをなし意外にすると上の画像のように細かく編集できるようになります。

間隔とボーダータイプそれぞれに分けて説明していきます。

間隔

間隔の説明

『間隔』の項目でカスタムを選び、矢印のようにボタンを右にスライドさせてみました。

すると画像の上下の間隔が広がります。キャプションを入れるとまた変わりますので、ちょうどいい間隔を見つけてください。

ボーダータイプ

ボーダータイプの説明

ボーダータイプは

  • なし
  • 直線
  • 2本線
  • 点線
  • 破線

の6種類から選びましょう。
今回は1番わかりやすいので、直線で説明します。

ボーダータイプ直線…幅8

幅の数値を上げて、ボーダーを太くしてみました。
丸で囲んだ右側にあるリンクを解除すると、上下左右別々に太さの調整ができるようになります。

ボーダーの色・丸み

色で、ボーダーの色を決め、角に丸みを出してみましょう。
ボーダーの色や丸みで、印象が大分変ります。

地球のマークはglobalカラーで詳しく説明しています。

『キャプション』の編集

キャプションについて

キャプションは何も設定していない状態だと、表示されていません。
まずは表示のさせ方を説明します。

キャプション表示のさせ方

キャプションを表示させるにはコンテンツタブへ

キャプションを表示させるには1度コンテンツタブに戻る必要があります。
コンテンツタブをクリックして戻り、画像のところをクリックしましょう。

キャプション入力画面

ギャラリー編集画面が開くので、丸で囲んだ『キャプション』とあるところにテキストを入力してください。

丸や四角の欄ににテキストを入力し、右下にある『ギャラリーを挿入』をクリックします。

キャプションが入力されたキャンバスの表示

このように画像の下にキャプションが入ります。

表示させるもう1つの方法

ギャラリーに追加からキャプション入力

キャプションを表示させるにはもう1つやり方があります。
1番初めのギャラリーに入れる画像を選ぶ画面で上のように選んだ時、右側に『キャプション』をいれる場所が存在。

ここで入力しておけばギャラリーに追加したときに、キャプションが入った状態で表示されます。

配置

キャプションの配置

キャプションの配置を決めましょう。

  • 中央
  • 均等割付

選べる配置は以上の4つになります。

文字色と書体

キャプションの文字色と書体

最後は文字色と書体です。
好きな色を選び、書体で大きさやフォントなどを変えられます。
『書体』の詳しい説明はテキストエディターウィジェットの記事で説明していますのでそちらをご覧ください。

以上がElementor一般『ベーシックギャラリー』ウィジェットの使い方です。
ぜひ使ってみてください。

なお『高度な設定タブ』はどのウィジェットも共通なので割愛します。

目次

そのElementorの質問
実際に使ってる人に聞いてみませんか?

TOFUラボはElementorを使う人が集まるサロンです。
メンバーは130人を超えます。