fbpx

Elementor Pro テーマビルダーで投稿ページのレイアウトの作り方

テーマビルダーにはヘッダーやフッターの他にも、投稿ページなどのオリジナルでレイアウトをしたテンプレートを作ることができます。

こちらの記事ではテーマビルダーでサイトの投稿ページのテンプレート・レイアウトをどのように作るのかを、以下の2つの投稿ページ『きのこ狩り』と『吾輩は猫であるかもしれない』をサンプルにして詳しく説明していきます。

テーマビルダーについて初歩的なところから学びたい方は【Elementor Pro 『テーマビルダー』の基本】の記事をまずご覧下さい。

Elementorのことをもっと学びたい人は、どうぞElementorの使い方完全ガイドを見てください。
様々なElementorに関する情報がまとめられています。

この記事でサンプルとして使用する投稿ページ①
投稿ページ①『きのこ狩り』
この記事でサンプルとして使用する投稿ページ②
投稿②『吾輩は猫であるかもしれない』

テーマビルダーのSingle Postの編集画面へ行く

テーマビルダーの画面への行き方

まず、『テンプレート』の中の『Theme Builder』をクリックし、テーマビルダーのページへ行きます。

『Try It Now』をクリック

するとこのような画面表示になるので画面右上の『Try It Now』をクリックします。

テーマビルダーの画面・Single Postを追加

するとこちらのテーマビルダーの画面に行きますので左側のボックスの中の『Single Post』の右側の+ボタンをクリックします。

テンプレートライブラリ

するとまずテンプレートの『ライブラリ』が表示されます。
ですが今回のサンプルではこちらは使わずに、Elementorの機能を使って自分で記事のレイアウトの構成をするので右上の×ボタンをクリックします。

テーマビルダー『Single Post』の編集画面

するとこちらのElementorの編集画面へいきます。
尚、こちらはPingle Post (投稿ページ)の編集画面になります。

投稿のテンプレート作成例

Single Post特有のウィジェット9つ

画面左側のボックスに『SINGLE』という以下の9つのSingle Page特有のウィジェットが登場しました。

  • Post Title    
  • Post Except   
  • Post Contrent  
  • アイキャッチ画像
  • Table of Contents
  • Author Box
  • Post Comments
  • Post Navigation
  • Post Info

こちらは全て記事をレイアウトしていくために使われるウィジェットです。

これらのSINGLEウィジェットの内から5つのウィジェットを紹介した、【Elementor Pro テーマビルダーSingleの5つの基本ウィジェット】の記事もありますのでよろしければご覧下さい!

Post Contentsウィジェットを挿入する

『Post Contents(本文)』ウィジェットの挿入

では、試しに『Post Contents』(投稿の本文)をカラムに追加してみます。

 Post Contentsウィジェット挿入後の表示画面

するとこのように投稿②の『吾輩は猫であるかもしれない』の本文が出てきました。

編集で使用する記事を変更する方法

本文を別の記事にのものにする方法・設定をクリック

画面左下の『設定』をクリックします。

Preview Settingsを選択

すると画面左側のタブに『Preview Settings』と出ます。
ここでは『吾輩は猫であるかもしれない』の記事が設定されています。
それを変更するには、

『吾輩は猫であるかもしれない』から『きのこ狩り』
の記事に変更

『吾輩は猫であるかもしれない』の右側の▼をクリックすると、検索バーが出るのでそこに1文字以上入力、または記事のキーワードを入力すると該当する記事一覧が表示されるのでそこから置き換えたいものを選択します。
※こちらのサンプルでは『きのこ狩り』を選択します。

『 APPLY & PREVIEW』をクリック

そして『APPLY & PREVIEW』をクリックします。

本文が『きのこ狩り』に変更された後の変種画面

するとこのように本文が『きのこ狩り』のものに変更されました。

カラムを追加しページを2列に分ける

ページレイアウト参考例・カラムの追加

ではまず、新しいカラムを追加してみます。
※こちらはあくまで参考にです。

カラムを追加した後の表示画面

するとこの様に、画面が2分割され、右側に新しいスペースができました。

アイキャッチ画像ウィジェットを挿入する

ページレイアウト参考例・アイキャッチ画像ウィジェットを挿入

例えば、『アイキャッチ画像』ウィジェットを右側のカラムにドラッグ&ドロップします。

アイキャッチ画像挿入後の表示画面

するとこの様にアイキャッチ画像が表示されます。
この様に、写真も本文と同じ記事で使用しているものが反映されます。

Post Titleウィジェットを挿入する

ページレイアウト参考例・Post Titぇウィジェットの挿入

投稿のタイトルを本文の上に表示させたいと思います。
『Post Title』ウィジェットを本文より上にドラッグ&ドロップします。

Post Titleウィジェット挿入後の表示画面

するとこの様に『きのこ狩り』のタイトルが追加されました。

この様に自由に投稿ページのレイアウトを作ることができます。

レイアウト後にPreview Settingsを変更するとどうなるか

レイアウト後にPreview Settingsを変更するとどうなるか

では、もう一度『Preview Settings』で表示させる記事を『きのこ狩り』の記事から『吾輩は猫であるかもしれない』の記事に変更してみます。

※『Preview Settings』の行き方・設定の仕方についてはこの記事の『編集で使用する記事を変更する方法』のセクションをご覧ください。

Preview Settingsを『きのこ狩り』から『吾輩は猫であるかもしれない』に切り替えた後の表示画面

この様に、先ほどと同じレイアウトで『吾輩は猫であるかもしれない』の記事に変更されました。
このテーマビルダーの『Single Post』でしたレイアウトでサイトの全ての投稿ページが同じレイアウトで表示されるという訳です。

※各ウィジェットによりここで何ができるかは異なりますが、タイトルや本文を訂正したい場合はこのテーマビルダーの編集ページではなく、投稿の編集ページでの編集が必要です。

高度な設定でレイアウト変更参考例

高度な設定でのページレイアウト参考例

このレイアウトは少し上に詰まりすぎているのでマージンで上部にスペースを持たせたいと思います。
カラムの『セクションを編集』をクリックします。

マージン

マージンの値の変更・変更後の表示画面

マージンの値を50に設定し、画面上部にスペースを持たせました。

バディング

パディングの値の変更・変更後の表示画面

パディングの値を40に設定し記事を中心に詰めてみました。

この記事ではここまでしか紹介はしませんが、この様に様々な機能を使用してレイアウトをの変更をすることができます。

Single Postを公開させる

テーマビルダー『Single Post』編集後・公開をクリック

画面左下の『公開』をクリックします。

Display Condtionの設定

Display Conditions・ADD CONDITIONをクリック

すると『Display Condition』が表示されますので『ADD CONDITIONS』をクリックします。

INCLUDE/投稿を選択

すると『INCLUDE/All Singular』と表示されます。
『All Singular』の左側の▼をクリックすると、全てのシングルページの一覧が表示されるので、その中の『投稿』を選択します。

『INCLUDE/投稿/すべて』(全てのページを作成したテンプレートのレイアウトで表示させる)で『SAVE&CLOSE』

するとこの様に『INCLUDE / 投稿 / すべて』と表示されます。
『これは全ての投稿ページを作成したテンプレートのレイアウトで表示させる。』という意味にまります。
『すべて』の左側の▼から、特定のページだけを絞ることもできますが、こちらのサンプルではこの設定『SAVE & CLOSE』をします。

Display Conditionsの詳しい説明や設定方法については【Elementor Pro 『Display Condition』の設定の仕方】の記事を参考にしてください。

ホームページの画面

実際にサイトを開いて投稿ページを確認してみます。
※こちらはサイトのホームページです。

『きのこ狩り』の投稿の実際サイトでの表示画面

こちらは『きのこ狩り』の投稿ページです。

『吾輩は猫であるかもしれない』の投稿の実際サイトでの表示画面

こちらは『吾輩は猫であるかもしれない』の投稿ページです。

どちらのページも先ほどテーマビルダーで設定した通りのレイアウトできちんと表示されました。
Display Conditionsを『INCLUDE / 投稿 / すべて』に設定をしているのでもちろん他の投稿記事もこれらと同じレイアウトで表示されます。

画像が画面スクロールと共についてくる設定の仕方

アイキャッチ画像をマウスオーバーした時に出てくる右上の鉛筆マークをクリック

アイキャッチ画像にマウスオーバーすると画像の右上に出てくる鉛筆のマークをクリックします。

編集タブ・高度な設定の『モーション効果』をクリック

左側の編集タブの『高度な設定』を選択し、『モーション効果』をクリックします。

『Sticy』の『上』を選択

『Sticky』の『上』を選択します。

『更新』をクリック

画面左下の『更新』をクリックします。

では、どの様に画面に反映されるか実際に見てみましょう。

こちらは投稿ページの表示画面です。
画面を上下にスクロールすると画像もその動きに合わせて画面上部に付いてくるのがお分りいただけると思います。


こちらの記事では全ては紹介をしていませんが、この様な様々なウィジェットと設定を駆使して多種多様のレイアウトでテーマビルダーのテンプレートを自分で作ることができます。
また、ページのレイアウトも常に統一ができるので更に見やすく、管理のしやすいサイト運営にも繋がります。
ぜひ、Elementor Proのテーマビルダーを活用してみてはいかがでしょうか?

テーマビルダーについて初歩的な部分から学びたい方は>>【Elementor Pro 『テーマビルダー』の基本

更に掘り下げていきたい方は
>>【Elementor Pro、サイト間でテーマビルダーのテンプレートを再利用する方法
>>【Elementor Pro テーマビルダーでアーカイブページのレイアウトの作り方
の記事もどうぞ参考にしてくださね!

こんにちは、ナオミです!

このサイトを運営してるナオミです。エンジニア歴13年、海外在住歴18年です。
WordPressの情報やハッキングを防ぐ脆弱性の情報と自分の海外での生活の一部を無料のメルマガで配信しています。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPressの最新情報が
毎週届く無料メールマガジン

DiviやElementorの情報だけでなく、脆弱性が見つかったプラグインやテーマのリストも毎週届きます。セキュリティの強化につながります。

管理人のナオミが書くメルマガ
海外でエンジニア歴10年以上
DiviとElementorに精通