Elementorのテンプレートライブラリの使い方

Elementorのテンプレート機能の使い方【無料でかっこいいデザイン】

『1週間でウェブサイトを作らないといけない・・・』
『新しいサイトのデザインが思いつかない・・・』

こんなことありませんか?

Elementorのテンプレート機能を使うと、1からページを作る必要がなくもうすでに完成されたデザインからウェブページを作り始めることができます。
デザインする時間も入りませんし、すぐに始められます。
ウェブ制作のプロも使ってる機能です。

かっこいデザインのページをサクッと作って時間を節約したい方は、是非読んでくださいね。

Elementorのテンプレートライブラリとは

Elementorのテンプレートのリスト
実際のElementorのテンプレートリストの一部

Elementorのテンプレートライブラリとは、予めプロのデザイナーによって作られたElementorのレイアウトのリストであり、そこから好きなレイアウトをページにロードできます。
テンプレートは沢山あります。

無料版と有料版の違いは選べるテンプレートの数

有料版は150以上あるテンプレートを使うことができます。
無料版だとその40程度です。
ですが使い方は一緒です。

Elementor Proの購入を考えてる方や、無料版との違いを詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。
Elementor完全マニュアル

テンプレートをロード

まずは普通にWordPressダッシュボードから固定ページを作成します。

ページ属性は『Elementor キャンパス』にする

Elementorキャンバスを選択

キャンバスはヘッダーもフッターも何もないまっさらな状態からElementorでページを構築する時に使います。
これは必須ではありませんが、ほとんどのページテンプレートはヘッダーなど全て含んでいますので、キャンバスを使うのがベストです。

Elementor キャンバスを選択しましたら、Elementorを起動します。

テンプレートライブラリの起動

Elementorテンプレートをロード

いつもは左のプラスボタンから始めますが、今回は右のフォルダのアイコンを押します

Elementorテンプレートライブラリ
Elementorテンプレートライブラリ

するとこのように、色々なレイアウトのサムネが出てきます。
これがElementorのテンプレートライブラリです。

Elementor Proでしか使えないテンプレートには『PRO』と書いてある

テンプレートライブラリのサムネの上に『PRO』と書いてありますね。
無料版ではこれらは使えません。
ですがスクロールしていくと、無料版ももっとあります

気に入ったものを選択そして『挿入する』を押す

テンプレート挿入ボタンをおす

サムネをクリックすると、このような画面が表示され、そのテンプレートがどのようなものなのか詳しく見ることができます。
右上の『挿入する』をクリックします。

テンプレートロード完了

ローディングスクリーンが表示された後、このようにテンプレートが表示されればロード完了です!

ロードされたテンプレートを改良する

ロードしたテンプレートをアップデート

このように、全てElementorで出来ていますから自由にアップデートすることが出来ます。
好きなように改良しましょう。

自分のテンプレートを作り、ライブラリに追加する方法

実は自分が作ったレイアウトをElementorのテンプレートライブラリに保存し、使い回すこともできるんです。

レイアウトをテンプレートライブラリに保存

左下の公開の隣のアイコンを押すと、『テンプレートとして保存』というリンクが出てきますので、それをクリックします。

Elementorのテンプレートライブラリに保存

この画面が出てきますので、好きな名前を入れて保存します。

Elementorのライブラリにレイアウト保存成功

この画面が出たら保存成功です。
画像のように『テンプレート』というタブの中に、カスタムで作ったテンプレートは表示され、『挿入する』というボタンをクリックすることで、Elementorに最初から入ってるテンプレートのようにページを挿入することが可能です。

ブロック(セクション)もロードそしてライブラリに保存可能

このライブラリのところに『ブロック』とありますよね。

Elementorテンプレートライブラリでブロックをロード

実はページ全体をロードせずに、ブロックのみをロードすることも可能です。
操作はページと同じです。
クリックして『挿入する』を押して見てください。

ブロックをライブラリに保存する

Elementorブロックをライブラリに保存

画像のように保存したいセクションにいき、オレンジの枠で囲まれた部分で右クリックします。
すると画像のようなメニューが出てくるので『テンプレートとして保存』をクリックします。

Elementorセクションをライブラリに保存

先ほどのページとすっかり同じです。
テンプレートの名前を入れて保存を押します。

Elementorライブラリにセクションが保存された

これで完了です。
ページではなく『セクション』で保存されています。

これでこれらのテンプレートをページ間で使い回すことが出来ます。
Elementorのこのテンプレートライブラリ、是非使って見てください!

Elementorのことをもっと学びたい人は、どうぞElementorの使い方完全ガイドを見てください。
様々なElementorに関する情報がまとめられています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top