fbpx

【無料でWordPressをバックアップ/インポート】プラグイン・All-in-One WP Migrationの使い方

WordPressのバックアップ、みなさんはきちんと取っていますか?

まだWordPressを使い始めたばかりの人はどのプラグインを使用するのがいいのか、そもそもバックアップをどのように取ったらいいのかすらわからない人も中にはいるのではないでしょうか。
また、『バックアップってどうせ有料なんでしょう?』と思っている人はいませんか?

WordPressの『All-in-One WP Migration』(オールインワンWPマイグレーション)というプラグインを使えば、512MBまでのサイトであればバックアップ、インポートを無料ですることができます!
そして操作方法もシンプルでとても簡単です。

もし万が一間違ってページを消去してしまったり、サイトが落ちて大事なデータがそっくり消えてしまったり、起こりうる事故に備えてバックアップをこまめに取っておくことはウェブ制作において必要不可欠です!

この記事を要約すると・・

All-in-One WP Migrationをインストール / 有効化

プラグイン・All-in-One WP Migrationのインストール・有効化

ダッシュボードの『プラグイン』の『新規追加』からプラグイン・『All-in-One WP Migration』をインストールし、有効化します。

インストール済みプラグイン一覧の画面・ダッシュボード左より『All-in-One WP Migration』をクリック

こちらはAll-in-One WP Migrationをインストールし、有効化した後のダッシュボードのプラグイン一覧の画面です。
ダッシュボードの左側All-in-One WP Migrationをクリックします。

All-in-One WP Migration・エクスポートの画面

すると上記のような表示画面になります。

サイトをバックアップする方法

ダッシュボード左・ All-in-One WP Migrationの『バックアップ』をクリック

ダッシュボード左側にある『バックアップ』をクリックします。

バックアップページ・『バックアップを作成』ボタンをクリック

すると上記のような画面になりますので緑色の『バックアップを作成』をクリックします。

過去にAll-in-One WP Migrationバックアップを取ったことがある場合の『バックアップ』ページの表示画面見本(バックアップ履歴一覧が表示される)

なお、過去にすでにAll-in-One WP Migrationでバックアップを取ったことのある場合には上記のように過去のバックアップ履歴が表示されます。

バックアップ中の画面・バックアップが終了するまで待機

『バックアップを作成』をクリックした直後からこのようなエクスポートの進行状況を知らせる表示に切り替わります。
この画面のときは何もせずにエクスポートが完了するまで待機してください。

バックアップ終了後の表示画面・『(ドメイン名)をダウンロード』をクリック

バックアップファイルのエクスポートが完了すると『(ドメイン名)をダウンロード』と表示されますのでそちらをクリックします。

バックアップファイルのダウンロードが完了した後のファインダーの『ダウンロード』画面

ダウンロードが完了しました。


バックアップしたファイルをサイトにインポートする方法を検証するにあたって、こちらとは別のサイトにバックアップデータをインポート(移行)し、サイトを復元してみたいと思います。

※以下はバックアップしたサイトのホームページの画面です。

バックアップを取ったサイトのホームページ

バックアップデータをインポートする方法

パックアップをインポートする予定の別のサイト

こちらはバックアップデータをインポートする別のサイトのホームページです。
このように、画面には『ここには何もありません』というように投稿も固定ページも未編集のまっさらな状態です。

All-in-One WP Migrationのインストール・有効化(別サイトにバックアップファイルを移行する場合)

当然この新しいサイトにはAll-in-One WP Migrationのプラグインはインストールされていませんので、前セクションと同じ手順でAll-in-One WP Migrationをインストールし、有効化します。

同じサイト内でバックアップデータをインポートする場合はすでにAll-in-One WP Migrationがインストール・有効化済みなのでこの作業は不要です。

ダッシュボード左・All-in-One WP Migrationの『インポート』をクリック

ダッシュボードの左側の『All-in-One WP Migration』の中の『インポート』をクリックします。

ダウンロードしたバックアップファイルを『バックアップをドラッグ&ドロップしてインポートする』の枠線内にドラッグ&ドロップする

すると上記のような画面表示になりますので、『バックアップをドラッグ&ドロップしてインポート』という枠の中にあらかじめダウンロードしておいたバックアップファイルをドラッグ&ドロップします。

インポート中の表示画面(プログレスバー)

そして上記のような画面になりますので、プログレスバーが100%になるまで待機します。

インポートが終了した後の画面とメッセージ・『開始』をクリック

プログレスバーが100%に達すると『インポートの処理により、テータベース、メディア、プラグイン、テーマを含むデータが上書きされます。次の手順に進む前に、必ずデータのバックアップを作成してください。』というメッセージが出ます。

特にバックアップデータを上書きする前のサイトの情報が完全に不要な場合は『開始』をクリックします。

インポート後に表示されたメッセージを要約した図
メッセージの内容
サイトのインポートが完了した後の表示画面

インポートが完了するとこのように『サイトをインポートしました。』というメッセージが表示されます。
そして『完了』をクリックします。

WordPressのログイン画面(バックアップファイルを別サイトへインポートした時に表示される)

すると、まずこの WordPressのログイン画面が表示されます
※もし同じサイト内でバックアップ→インポートをした場合はログイン画面は表示されません。

なぜなら、All-in-One WP Migrationでバックアップ、ダウンロードしたサイトを別のサイトに移行(上書き)したためにユーザー名・パスワード共に元のサイトのものに書きかえられたからです。

ログイン画面がでた場合は、インポートしたサイトのユーザーネーム・パスワードでログインします。

インポートしたサイトの固定ページ一覧の表示画面

こちらはサイトにログインし、『固定ページ』に一覧を表示させた画面です。
バックアップしたサイトの情報がそっくりそのまま表示されています。
もちろんタイトルやユーザー名も全て変更します。

インポートしたサイトのホームページ画面

こちらはインポートしたサイトのホームページの表示画面です。
※このサンプルでは表示を割愛しますがその他の投稿やカスタム投稿タイプなども全ての情報がインポートされています。

アップロードサイズ超過警告が出たら

アップロードファイルが最大アップロードサイズを超過した場合に出るメッセージ

しかし、このようなメッセージが出てしまったらどうしたらいいでしょうか。

ちなみにこちらのメッセージには
『サイトの最大アップロードサイズを超過しています: 300MB』と書かれています。

All-in-One WP Migrationで無料でできる最大のアップロードサイズは512MBまでです!
しかし、上記が300MBとなっているのはサーバーの設定で最大アップロードサイズを300MBに設定しているからで、サーバー設定で最大アップロードサイズの設定を最大512MBまであげることが可能です。

このメッセージがでたときの対処法は以下のとおりです。

  1. 自分の契約しているサーバーにアクセスし、最大のアップロードサイズをインポートするファイルよりも大きくする。(無料!)
  2. All-in-One WP Migrationの有料版を購入し、最大アップロードサイズを無制限にする。

All-in-One WP Migrationを無料で使用できるのは512MBまでのバックアップ・インポート・エクスポートの『ファイル』のみです。


All-in-One WP Migrationのエクスポートの有料エクステンション

All-in-One WP Migrationの『エクスポート』の表示画面とエクスポート先一覧

All-in-One WP Migrationのエクスポートのオプションの『ファイル』以外は全て有料になります。
以下は各有料エクステンションの価格表です。

エクスポートの有料エクステンション価格
FTP$99~
Dropbox$99~
Google Drive$99~
Amazon S3$99~
BackBlaze B2$99~
OneDrive$99~
Box$99~
Mega$99~
DigitalOcean$99~
Google Cloud$99~
Azure Storage$99~
Amazon Glacier$129~
pCloud$129~
WebDAV$129~
S3Client$129~

エクスポートのエクステンションを購入する方法

エクスポート先で『Doropbox』を選択している画面

なお、購入を検討する有料のエクステンションの名前をクリックします。
※サンプルでDropboxをクリックします。

『Dropbox』をクリックした後に別ウィンドウで開く画面(Dropbox Extention購入画面)

すると上記画面が別ウィンドウで開きます。
All-in-One WP Migrationの有料拡張プラグインを購入するときは各有料エクステンションごとのページに進み、決済をします。
※エクステンションごとに値段は異なります。

容量無制限エクステンションを購入する方法

バックアップ・インポートの容量無制限とバックアップ復元エクステンション価格
Unlimited Extention$69~
バックアップ・アップロードの容量無制限版ページにアクセスする方法(インポート画面の無制限版購入をクリック)

All-in-One WP Migrationのインポートのページの『無制限版の購入』をクリックします。

無制限版購入をクリックした後に別ウィンドウで開く画面(プレミアム・開始をクリック)

するとこのように別ウィンドウでバックアップサイズ・アップロードサイズの容量無制限版の購入ページが開きます。
『開始』ボタンをクリックします。

『開始』をクリックした後にリダイレクトされるページの画面(Unlimited Extention・Starting from $99をクリック)

さらに新しいウィンドウで『Unlimited Extention』の購入画面になりますので『Starting from $69』をクリックします。

エクステンション購入画面・Personal($69)またはBusiness($69+$29/month)

こちらがUnlimited Extentionの購入手続きの画面です。
Personal (個人アカウント)プランと Business(法人アカウント)プランで価格が以下のように異なります。

  • Personal:$69/once(買切り / 月額使用料無し)
  • Business:$69/once+$29/month (初回$69+月額$29が発生)

なお、すべてのエクステンションで個人アカウントと法人アカウントで値段が異なり、法人アカウントの価格は表記の値段に月額$29が発生します。

まとめ

WordPressで編集したデータを守るためにもサイトのバックアップを取ることは重要なことです。

All-in-One WP Migrationなら、サイト容量が512MBまでなら無料でバックアップ・インポートすることができます。
ここまで無料でできるのはありがたいですね!

またAll-in-One WP Migrationをで容量をアップさせたり、エクスポートの各エクステンションは有料になりますので自分のサイトの使用加減により購入を検討してみてください。

この他にWordPressをより画期的にするプラグインの使い方を紹介した記事があります。
WordPressには無料で使える便利なプラグインがたくさんありますので、よかったらこちらもご覧くださいね!



こんにちは、ナオミです!

このサイトを運営してるナオミです。エンジニア歴13年、海外在住歴18年です。
WordPressの情報やハッキングを防ぐ脆弱性の情報と自分の海外での生活の一部を無料のメルマガで配信しています。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WordPressの最新情報が
毎週届く無料メールマガジン

DiviやElementorの情報だけでなく、脆弱性が見つかったプラグインやテーマのリストも毎週届きます。セキュリティの強化につながります。

管理人のナオミが書くメルマガ
海外でエンジニア歴10年以上
DiviとElementorに精通