DiviとACF(Advanced Custom Fields)は実は相性がいい

「ACF使ってるけど、Diviテーマにしたら使えなくなるの?」
「ACFをショートコード以外でDiviで呼び出す方法はないの?」

ACF便利ですよ!だからDiviにしたら使えなくなるんじゃないか心配の人もいるかと思います。
でも安心してください。
そんなことはないんです。
DiviとACFの相性は抜群で、ショートコード無しでもその値を呼び出すことが可能です。

(ACFとは投稿や固定ページなどを作成する時タイトルとボディ以外にカスタムフィールドを追加するプラグインです)
https://www.advancedcustomfields.com/

DiviのDynamic Contentsを使う

これを実現するためには、DiviのDymaic Contentsという機能を使います。
まずACFを設定します。

ACFで設定したフィールドの値をロードできる

ACFのテストフィールド
ACFで追加したテストフィールドです

このようにACFで日付のフィールドを作りました。
これをDiviの中でテキストフィールドなどから呼び出せるんです。

Dynamic Contentsアイコンをクリック

DiviのDynamic Contents

このアイコンをクリックします。

ACFという項目が出てくるので、フィールドを選択

ACFがDiviのDynamic Contentsに表示される

先ほど設定したテストフィールドが出てきます。
クリックします。

ACFのフィールドがDiviで表示されました

このように先ほど入れた値が表示されます。

詳しくは上の動画で説明してます!

Diviのことをもっと深く知りたい方は、Diviの使い方完全マニュアルをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top